はじめのいっぽ。
日々思う事、ちょっとした疑問、私の頭ン中。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




一時間かかった…。
2010年 02月 09日 (火) 21:09 | 編集
読みづらい、とは思う。
周辺整理も兼ねての日記。




家を出る前に、もう春先の匂いがするっておとんが言った。二日前はめっちゃ寒かったのに、外にでたら確かに暖かい。今日は仕事じゃないけどバイト先に顔を出さなきゃいけなくて、渋ってたらこんな時間になった。友だちからのメールを返し終わって、二つ目の坂を登り始めたときに春の匂いがした。なんだか懐かしかったけど、春先の匂いは切ない。なんでだったかしら。でも季節に匂いだなんて、不思議な話だ。ほんとはなんの匂いなんだろ、花かもしれない。

大学に入ってからは良くも悪くも泣くことが多くなった。小学校の時は相当な泣き虫で、しょっちゅう泣いてたけども、中学、高校では滅多なことでは泣かなかったように記憶している。泣くって恥ずかしいし、書くのもちょっと恥ずかしいけど、出るときは出るもんで。まあなるべく人目にはつかないよう努力はしてきたつもり。最近だと、目とはなの先にあったサークルの定期演奏会よりも、その先のわたしたち一年生についてくそがつくほど真面目に考えてた。まあ、同期に言われたのは「凝り固まってる」だったけど、他の方法が思い付かないのは確かにそうかもしんない…。でも、そのためにいろんな人がいるんじゃないか、どちらか一方じゃなくてその間とか、なんかいい案ないのかなって、私たちは言い合い専門なんで、他の人が必要に思う。いまんとこいないんだけど。そんなんで、同期、正直上手くは行ってない。だからこのまま先輩たちから仕事任されて大丈夫なのかとか、あのマイペースはどこまでやれるのかはかり損ねてたりとか、自分なんでここまで考えてるんだろとか、でもどっちにしろこれって誰かしらが言ったり考えなきゃいけないことなんじゃないかとか
、でも考えを伝えるのはまだまだ苦手で……書いてると多少まとまってくるんだけどさ。

あたしが尊敬する先輩はすごくかっこいい。最初はぶっきらぼうで恐い人だなって思ってた。でもサークル内の役職で、その人の下に付くことになって、恐いながらも自分から仕事にはひっつくようにしてた。一年経っても口調は相変わらず乱暴だけど、きちんと相手のことを考えられるすごい人なんだなって思った。それに、与えられた仕事はきちんと全力でやりとおす。謝罪の場面ではきっちり謝罪する。その仕事にプライドがあるからそういうのがちゃんとできるんだと思う。こういう人は、男女問わずかっこいい。

その人の下にはあたし以外にもマイペースくんがついていたけれど、本来継がれるべき彼よりも、来年度はその役職につけない私の方が結果的に仕事の殆どを継いでしまった。
人数的な問題で、どちらにしてもマイペースくんがその仕事を任せられることになるのだが、あたしを含め、不安に思う人が何人かいる。マイペースくんはマイペースゆえにか、最初こそ仕事を分担していたが、腹痛などを理由に休むことが比較的多く、なんの用もないのに普段から学校にいた私が彼の代わりに仕事をするのが常となっていた。

先日の打ち上げでそのことについて言及したら、「だって仕事とっちゃうんだもん」
呆れた。


冬になると定期演奏会が近づき、他の役職もフルに動き出していた。マイペースくんは去年の暮れ頃、他の役職とも掛け持ちをしていたが先輩からの引き継ぎが中々うまくいっていなかった。流石に定期演奏会ではうまく立ち回っていたようだが、恐らく事務的なものはまだ頭に入りきっていないだろう。

役職の掛け持ちは大変だと、夏前一年生内で役職を決める際に先輩たちからも散々言われた。人数が少ないせいで、ほとんどの一年生が掛け持ちをしなくてはならないのが現状ではあったが。その頃は今以上に喋らなかったマイペースくんなので、一年生は慎重になって、彼が掛け持ちにならないように工夫した。
しかし一時的に一年生が一人抜けることになってしまい、それに関わっていた役職の先輩が彼ら二人を呼び出して話し合ったという。「来年度には戻ってくる予定ですが、役職は継げません」「じゃあ俺がやるよ」聞く限りはこんな内容だったそうだ。話し合いは秋ごろか、しかし私たちが知ったのは一ヶ月ほど前であった。びっくりするよ、そりゃあ。そっちは継がないと思ってたからこっちがのんびりしてたのはごめん、謝る。でもなんでマイペースくんにしてしまったんだろうか。先輩の意見も聞きたいが残念なことに仲が悪い。冷静な話し合いは難しいだろう…。そこはでも、どうにかなる。

片方の引き継ぎもうまくできていないのに、二つ分だなんて、彼はどうするつもりだったのだろうかというのが専らの疑問であった。実際はどうも先輩たちが手助けしてくれるらしいが、基本受け身らしい彼は、先輩がいなくなったときに一人で仕事できるのかしらとか、不安は尽きないわけで。

そもそもあたしがここまで食いつくのは意識の問題でもある。マイペースくんからあまり仕事やサークルに対しての熱意が感じられない、というのは大袈裟かもしれないが一番分かりやすいと思う。マイペースくんに話してるつもりがつい他の子とヒートアップしているうちに、もう関係ないやーって他のことに興味を移してしまう。話してる内容は、関係あることなのに。これだけあたしが真剣に考えているのに、ああ彼は興味がないのか、と悲しくなる。先述の先輩の仕事に対する気持ちも一緒に継いじゃった私は、やっぱりいい加減な気持ちで仕事をして欲しくないと思うわけで、そうでないならそうじゃないなりの態度を見出だせないと、誠に勝手な話ではあるが私は納得できない。出来ることなら三つ目の掛け持ちをしたいと思った。出来ないんだけど。


三年生になれば私がサークルの一番前に立つことになる。そのときには私の気持ちをどこかしら理解してくれる人と仕事をしたいと思う。多分、贅沢な話なんだけど。それでも伝える手段を私は色々持ってるんだから、あたしはぎりぎりまで粘るつもり。








しかしまあ、人によっては面倒臭がられるのよね。




Comment
この記事へのコメント
うち日曜日のときはすごく怒っちゃったけど、ひなちくの想いっていうのには同意してるから、がんばっていこう(´・ω・`)
2010/ 02/ 10 (水) 06: 09: 36 | URL | しゅがー # XaQjLiVo[ 編集 ]
人は変えられないし、動かせないよ。
人はみんな自分の意思でしか変わらないし、動かないから。
あなたが人のやり方と同じにやれないように、人はあなたのやり方と同じにはやらないし、やれない。
人にはそれぞれのやり方と、それぞれのタイミングがある。
どうやっても変わらないし動かないものにゴリ押しすれば、当然ながら何かが壊れる。

見ること、待つこと、信じること。
求めて、与えて、関わり続けること。

一年や二年の付き合いで何かが築けるはずがない。

失敗することも、それぞれの糧になる。
遠い未来に実を結ぶ。

今の結果ばかりを求めることには大した意味も価値もない。

遠い未来から振り返ったときに自分に結びつくのは、その時に出した結果じゃあない。

だって人はみんないつだって先を見て歩くからね。
今結果が出せて満足できても、その価値は先に進むほどに軽んじられるんだよ。

大人になったつもりになりなさんな。
まだまだ人生など始まっていないよ。
泣くことより、もっと恥ずかしがるべきことがあるはず。
2010/ 02/ 11 (木) 04: 07: 18 | URL | まみー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) はじめのいっぽ。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。