はじめのいっぽ。
日々思う事、ちょっとした疑問、私の頭ン中。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




お天気日記
2010年 02月 26日 (金) 12:40 | 編集
生暖かくて強い風が吹いております。
若干の雨、鬱陶しいので傘をさします。




朝から内臓をぎゅっと捻られたような気分でがんす。
その場にいなくてよかった、けど、なんかもうごめんなさいとしか。つーかこのしんどさももはや自業自得だよねっていう。さらに腹立たしい。


おとなとは、なんぞや。




スポンサーサイト
あったかいね~
2010年 02月 25日 (木) 21:52 | 編集
昨日からおかーさんちに泊まり込み。今日も泊まり。

恵比寿、好きだなあ。
人通りの少ない夕方の路地裏で、中尾晃に似ている人とすれ違った 笑。
本物かどうか確かめる術もなく。
もうちょいテレビでも見とけばよかったかなー?


お母さんにもらった花粉症用のロラタジンって薬飲んだら、一気に楽になった!
なくなる前にまた買わなきゃなあ。


暖かくなってきたね、明日は雨だけど。
春先の匂いが大好きで、でも思い出はあんまり好きくない。
大学に入学したあたりの思い出ビジョンが、朝の陽射しみたいな明るさなんだが。

今日はなんかしら物足りない。
うーんうーん。




ろばろば
2010年 02月 24日 (水) 17:23 | 編集


恵比寿東口でた大通り。
に花を積んだロバがいた。
外人に連れられていた。

可愛いー鼻触りてえ…




今さら2010.02.22 22:22
2010年 02月 23日 (火) 16:30 | 編集




そういえば昨日、最寄り駅で記念切符買いました。

同じものが並んでるってなんか好きすごい好き。






今日は久しぶりに午前中に起きて、
おとんと飯田橋まで出てきました(^0^)/
日仏学院でやる映画を観に...。
パリ20区っていう、カンヌのほにゃららのグランプリらしい。
一緒に観てたおかんは最後の最後で号泣してた、
うちはしんみりしてた。

ほんで中村親子と、おかんの開いてる教室に参加してるらしいおねいさんと
4人でお茶して、わちしはバイトのため、
おとんはライブのため、おかんもライブ?で解散。



そしてバイトに向かうところ\(^o^)/

今はましだけど、花粉ひどい(;´д`)
目がもしゃもしゃするよ痒いよ。
ロラタジンがいいらしい。




混声さんは今日から卒団旅行なのよねー(´ω`)
わたしは行けませんが、楽しんで来てくださいまし。




あったかさむいねー
2010年 02月 21日 (日) 22:00 | 編集
年上が好きと言っても、別に子供扱いされたいわけではないらしい。…例外はあれど。



日中暖かかったと思えば夜はまた寒くなり…そんな週末でした。





金曜日は初めての同期会なるものを開きました!
最初はボーリングやらカラオケやら遊ぶことしか頭になかったわけですが、日程決めてからふと「鍋やりたい」と思ってみんなに相談、いいんじゃない?って言われたんで持ち物分担して19日実行。最初は鍋の大きさに対して鍋の素の量が少ない気がしてはらはらしたもんですが、救世主白菜のおかげでしっかり増えました。想像以上の美味しさでびっくり仰天しました、ちーちゃんが持ってきてくれたモツが美味でした、スバラシイ...。零時回ったところで電気を消してサプライズ、はっぴーばーすでいりょーちゃんした。ちーちゃんが素敵なチョコレィトケィキを作ってきてくれたわけです、美味でした。スバラシイ...。彼女の持ってくる色々はいつも美味しい。たこ焼きしかり、ウツボしかり。プレゼントもちゃんと持ち寄ったのだ、同期会が被ったせいか、なんだか豪華な誕生日だった気がするよ、うらまましい。
たまちゃんがだべってる部室が久しぶりすぎて感動した。やつにかかればなんでもない話がどんどん膨らんでいくからある意味怖い、途中から部室の壁が主人公だった、恋愛シュミレーションゲイム。そんなたまちゃんは朝6時か7時あたりに帰っていった。主役のりょーちゃんも8時頃帰宅、みんな早いよよよ。残りの同期3人はだらんだらん、というかひーちゃんひーくんはぐっすり夢の中。ちーちゃんいはく「生ける屍」化していた訳です。12時起床、1時前に部室を出て電車内解散。わちくしは15分寝て15時から21時までバイトに勤んでおりましたハイ。最初こそしんどかったような気もしたんだけども、なんだかんだ休憩中にも寝ることなく働き通した。帰宅してからもなんとなしに夜更かしして結局2時寝。そして本日起きたのが13時前…今日も15時から21時までバイトでした 笑。ここんとこ寝るのが遅いせいか、12時間近く寝る毎日、勿体ない気がする。さて今日は早く寝られるのか否か、きっとまた夜更かしするんだろうなあ…。




ぶう!
2010年 02月 17日 (水) 21:16 | 編集
100217_2112~01.jpg

帰ってきたらムーさんがベースの練習してた。
+いちこ。





さみいいい




一時間かかった…。
2010年 02月 09日 (火) 21:09 | 編集
読みづらい、とは思う。
周辺整理も兼ねての日記。




家を出る前に、もう春先の匂いがするっておとんが言った。二日前はめっちゃ寒かったのに、外にでたら確かに暖かい。今日は仕事じゃないけどバイト先に顔を出さなきゃいけなくて、渋ってたらこんな時間になった。友だちからのメールを返し終わって、二つ目の坂を登り始めたときに春の匂いがした。なんだか懐かしかったけど、春先の匂いは切ない。なんでだったかしら。でも季節に匂いだなんて、不思議な話だ。ほんとはなんの匂いなんだろ、花かもしれない。

大学に入ってからは良くも悪くも泣くことが多くなった。小学校の時は相当な泣き虫で、しょっちゅう泣いてたけども、中学、高校では滅多なことでは泣かなかったように記憶している。泣くって恥ずかしいし、書くのもちょっと恥ずかしいけど、出るときは出るもんで。まあなるべく人目にはつかないよう努力はしてきたつもり。最近だと、目とはなの先にあったサークルの定期演奏会よりも、その先のわたしたち一年生についてくそがつくほど真面目に考えてた。まあ、同期に言われたのは「凝り固まってる」だったけど、他の方法が思い付かないのは確かにそうかもしんない…。でも、そのためにいろんな人がいるんじゃないか、どちらか一方じゃなくてその間とか、なんかいい案ないのかなって、私たちは言い合い専門なんで、他の人が必要に思う。いまんとこいないんだけど。そんなんで、同期、正直上手くは行ってない。だからこのまま先輩たちから仕事任されて大丈夫なのかとか、あのマイペースはどこまでやれるのかはかり損ねてたりとか、自分なんでここまで考えてるんだろとか、でもどっちにしろこれって誰かしらが言ったり考えなきゃいけないことなんじゃないかとか
、でも考えを伝えるのはまだまだ苦手で……書いてると多少まとまってくるんだけどさ。

あたしが尊敬する先輩はすごくかっこいい。最初はぶっきらぼうで恐い人だなって思ってた。でもサークル内の役職で、その人の下に付くことになって、恐いながらも自分から仕事にはひっつくようにしてた。一年経っても口調は相変わらず乱暴だけど、きちんと相手のことを考えられるすごい人なんだなって思った。それに、与えられた仕事はきちんと全力でやりとおす。謝罪の場面ではきっちり謝罪する。その仕事にプライドがあるからそういうのがちゃんとできるんだと思う。こういう人は、男女問わずかっこいい。

その人の下にはあたし以外にもマイペースくんがついていたけれど、本来継がれるべき彼よりも、来年度はその役職につけない私の方が結果的に仕事の殆どを継いでしまった。
人数的な問題で、どちらにしてもマイペースくんがその仕事を任せられることになるのだが、あたしを含め、不安に思う人が何人かいる。マイペースくんはマイペースゆえにか、最初こそ仕事を分担していたが、腹痛などを理由に休むことが比較的多く、なんの用もないのに普段から学校にいた私が彼の代わりに仕事をするのが常となっていた。

先日の打ち上げでそのことについて言及したら、「だって仕事とっちゃうんだもん」
呆れた。


冬になると定期演奏会が近づき、他の役職もフルに動き出していた。マイペースくんは去年の暮れ頃、他の役職とも掛け持ちをしていたが先輩からの引き継ぎが中々うまくいっていなかった。流石に定期演奏会ではうまく立ち回っていたようだが、恐らく事務的なものはまだ頭に入りきっていないだろう。

役職の掛け持ちは大変だと、夏前一年生内で役職を決める際に先輩たちからも散々言われた。人数が少ないせいで、ほとんどの一年生が掛け持ちをしなくてはならないのが現状ではあったが。その頃は今以上に喋らなかったマイペースくんなので、一年生は慎重になって、彼が掛け持ちにならないように工夫した。
しかし一時的に一年生が一人抜けることになってしまい、それに関わっていた役職の先輩が彼ら二人を呼び出して話し合ったという。「来年度には戻ってくる予定ですが、役職は継げません」「じゃあ俺がやるよ」聞く限りはこんな内容だったそうだ。話し合いは秋ごろか、しかし私たちが知ったのは一ヶ月ほど前であった。びっくりするよ、そりゃあ。そっちは継がないと思ってたからこっちがのんびりしてたのはごめん、謝る。でもなんでマイペースくんにしてしまったんだろうか。先輩の意見も聞きたいが残念なことに仲が悪い。冷静な話し合いは難しいだろう…。そこはでも、どうにかなる。

片方の引き継ぎもうまくできていないのに、二つ分だなんて、彼はどうするつもりだったのだろうかというのが専らの疑問であった。実際はどうも先輩たちが手助けしてくれるらしいが、基本受け身らしい彼は、先輩がいなくなったときに一人で仕事できるのかしらとか、不安は尽きないわけで。

そもそもあたしがここまで食いつくのは意識の問題でもある。マイペースくんからあまり仕事やサークルに対しての熱意が感じられない、というのは大袈裟かもしれないが一番分かりやすいと思う。マイペースくんに話してるつもりがつい他の子とヒートアップしているうちに、もう関係ないやーって他のことに興味を移してしまう。話してる内容は、関係あることなのに。これだけあたしが真剣に考えているのに、ああ彼は興味がないのか、と悲しくなる。先述の先輩の仕事に対する気持ちも一緒に継いじゃった私は、やっぱりいい加減な気持ちで仕事をして欲しくないと思うわけで、そうでないならそうじゃないなりの態度を見出だせないと、誠に勝手な話ではあるが私は納得できない。出来ることなら三つ目の掛け持ちをしたいと思った。出来ないんだけど。


三年生になれば私がサークルの一番前に立つことになる。そのときには私の気持ちをどこかしら理解してくれる人と仕事をしたいと思う。多分、贅沢な話なんだけど。それでも伝える手段を私は色々持ってるんだから、あたしはぎりぎりまで粘るつもり。








しかしまあ、人によっては面倒臭がられるのよね。




好み。
2010年 02月 09日 (火) 06:48 | 編集
notitle0017.jpg
notitle0021.jpg
notitle0018.jpg

この人の話し方好きだなあ、って人と付き合う。









っていうのも、昔の日記読み明かしてたんだけど、その時椎名林檎をめたくさ聞いてて、幸福論の歌詞が引用されてたのを読んで、思い出したのでした。


あたしは君の、メロディやその哲学や言葉全てを守るためなら、少しくらいする苦労もいとわないのですってやつ。







一緒に昔の写メもみつけた。




あー
2010年 02月 09日 (火) 01:33 | 編集
1日経ったけど落ち着かない。


自分の長所は真面目だけど短所も真面目ね、きっと。





相手の態度に不満があるときは、どうすればいいんだろう。




本番前日、
2010年 02月 06日 (土) 22:40 | 編集
色々と不安が在りすぎてどうにかなりそう。

二日前に言われた言葉が今更頭を掠めていった。



こんなんだけど明日は本番なんだよなあ………。




蟻のお尻は甘いらしい。
2010年 02月 02日 (火) 21:43 | 編集
最近はしんどいがもうあと5日もしたら本番なのだ。
しかも肝心の本番ってのは、いざ始まってみるとあっという間に過ぎてってしまう。
バカにならないと、真剣にはなれない。





2個、3個上のやつらとなんでもない話をしたい。
あたしだけ未だに脱け出せてないんだよなあ…。
進めない、ってか進みたいと思えない、
あそこに戻って落ち着きたいのが本音。
しかしそうは行かないのが自分と他人の関係というか。
いい意味でも悪い意味でも、変わるもんだ、人との接し方ってのは。




家にいながらの帰りたい症候群。




copyright (C) はじめのいっぽ。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。